昨年よりの近況

昨年、KM市シルバー人材センターの除草班の仕事を某国出身の火病持ちKリーダーから、特に理由もなく阻害されていました。
このリーダーは奇異な行動で自分のグループ員全員からも嫌われ、浮いた存在でした。

同センターの除草班担当者に相談するも何の仕事の紹介もなく3月から半年も放置されました。
10月末にセンターの掲示板より警備員の紹介が可能であるとのことで、連絡を取り、その仕事に従事することとなりました。
家にばかり居ることは不健康だと考えシルバーの会員になった経緯があります。

てな訳で、現在は警備員をやっている訳です。まぁ、赤い誘導棒という棒を振り回し交通誘導を行うのですけどね。
屋外での仕事ですので、この季節は手足が冷えますが、何とか頑張っています。

カテゴリー: 健康, 未分類 | コメントをどうぞ

ある教訓

本日、所要で鶴見まで出かけました。
その帰り横浜西口で昔お世話になった方に連絡を取り、約30年ぶりに再会しました。
只、西口から携帯で連絡した時、周りが騒がしく聞き取り辛かったため、簡単に済ませた結果、待ち合わせ場所が正確に伝わったかどうかが心配でした。
案の定、何時まで経つても来ません。

携帯は持ち歩いてないとのことで、家に電話してみようと思っていたところ、姿が見えて一安心。
娘さんにも「交番の前で待ち合わせなんて、場所が分からなかったらどうするの?それに30年ぶりで、お互いが分かるの?」と言われたとか。
そうなんです。交番なんて、星の数ほどあるのですからね。

まぁ、以心伝心、以前飲みに行くときはここでよく待ち合わせしたので、真っ直ぐにここに来たとのことでした。
言葉が少なくても伝わる「以心伝心」とはこのことですね。

その後、二人でやや早い昼飯を食べながら思い出話や現在お孫さんが何人もいて色々大変という話、年金の話などを語りあい、あっという間の数時間でした。
一時癌を患い現在後期高齢者ですが、本当に元気そうで安心しました。

鎌倉に戻り、鎌倉市役所での所用を済ませて帰宅したのは15時過ぎ。

今日の教訓:すれ違いを防ぐため、待ち合わせは場所、時間などは良く打ち合わせすること

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

条件反射てか?

妹に先程電話をしたのであるが、聞こえた第一声が「あ、こんばんわぁ」だったのだ。
え、あんだってぇ」と私。何故なら、時は午前11時過ぎなのだ。
妹「あ、いつも電話くるのは夜だから・・・

まさにこれはイワン・パブロフの「訓練や経験 によって後天的に獲得される条件反射」ではないかい。

でもさ、何か変だよね。明るい午前中にだよ「こんばんわ」ていうか?普通。
業界人なら理解も出来ようが、普通の主婦が吐くセリフじゃないよね。

そこでつらつら考えた。自動応答でセットしてあるならいざ知らず。
人間コンプーターが壊れているとしか考えられんのだけど。
人はそれをアルツハイマーと呼ぶと人の噂に聞いた。

カテゴリー: あわわわわわ・・・ | コメントをどうぞ

母屋の補修

母が無くなってから1年が過ぎた5月24日に母屋の隣家側のトタン屋根の吹き替えをした。
これ以前から母屋の部屋の片付けを行い捨てるもの、取っておくものの整理をおこなった。

不要の本がたくさん出てきたので一部屋に集め、古書買取をネット検索で探し、目黒区の東京書房に引き取りをお願いしたのが6月13日。
売れたのはごく一部で金額にすると2500円であったが、売れない本も引き取ってくれ、10畳に山積みだった本も無くなった。
それ以後も片付けを続け、部屋は綺麗になったのだが、押入れはまだ手付かずのままになっている。

そして今日からは母屋の前面のトタン屋根の吹き替えを行っている。色々修繕や片付けをするのは母屋の何部屋かを貸すのが目的だからだ。
築60年位経つので安くしないと借り手は居ないと覚悟しているが、出来たら学生さんか数年の期間限定の方がいいと思っている。学生さんなら、シェアハウス形式で数人は住めるだろう。

貸せるのは和4,5帖、和6帖、洋10帖と台所、バス、トイレ付きである。鎌倉駅から、徒歩15分、バスなら7分だ。鶴岡八幡宮からだと横浜国大側へ家まで約5分位である。

希望者がいたらコメント残して頂ければ幸いである。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

こくはつ

鎌倉人材SCの除草班のKグループのことですが、仕事帰りにコンビニで酒を買い、酒盛りをしているのを何度か見かけました。

自転車とはいえ、赤い顔した酔っ払い運転は法規にも触れ許されないと思います。

バイクで来る人は絶対に飲まないのですが、自転車で来るKリーダーは酒好きで、残りの人達を集め飲んでいるようなのでリーダーの資格さえ無いですよね。

聞くところによると一人よがりのリーダーとサブリーダー及び数人の班員はうまくいつてないようです。

事故の防止、他人への迷惑、そして法規にも触れる内容ですのでここに書いてみました。

カテゴリー: あわわわわわ・・・ | コメントをどうぞ

近況ですが・・・

行く川の流れはたえずして、しかも元の水にあらず・・・
月日が経つのは早いものです。
前回書いてから1年以上が過ぎました。
特に書くこともなく、残すべきメモ書きもなく、光陰やの如し。
まぁ、楽天ブログの方は1ケ月に1回位は書いていますがね。

そんなこんなの間に登録したパスワードでログイン出来なくなり、
変更要求により新規パスワードを設定してようやくここに辿りつきました。

シルバーの班のリーダーのいじめにより仕事から外されました。
この人には日本語が余り通じず、あちらの国の方に多い苗字だそうだ。

なので4月から暇だったので母屋の片付けなどに勤しんでおりました。
適度な運動、健康管理には気をつけている今日この頃です。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

母の航跡

まだまだ長生きすると思われた6月10日で91歳になる母が去る4月3日の深夜に永眠致しました。

4月3日の10日前に数年いた介護老人保健施設から病院に緊急入院し、白血球が不足とのことで輸血したのですが、今度は血小板が作られないとのことで、死因は血小板減少症とのことで、その原因は不詳とのことでした。
祖母は長寿で106で亡くなりましたが、若い頃から腎臓が悪く、体が弱かった母にしては長生きした方だと思います。

思い起こせば、私が小学校6年の時にを亡くし、高校2年の時に大学生であったを亡くしてます。
女手一つで色々苦労し、亡き兄、私、そして妹を大学まで行かせたお嬢さん育ちの母でした。

1998年4月に、脳出血で倒れて救急車で病院に搬送、七沢脳血管センターでリハビリをして片手が不自由ながら自宅に戻ってきた母でした。
学校のことから、何やらかにやら、今まで色々な苦労のかけっぱなしでした。
幾つもの困難に直面しながら私達を育ててくれた母でした。

  「母よ安らかに御眠りください」息子より感謝を込めて

8日通夜、9日葬儀が終わり、やっと一段落したところでこれを書いています。
尚、タイトル「航跡」は兄が亡くなったとき、兄の友達達が作ってくれた遺稿集の表題に因みます。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ