はだかの王様

6日の夕刊フジによると永田町界隈で、麻生太郎首相に関する「替え歌」が広まっているらしい。
松任谷由実の名曲「あの日にかえりたい」、沢田研二の名曲「時の過ぎゆくままに」の替え歌で、
支持率急落や解散先送りについて、首相の心情を綴っているとされる。
 
作者は「野党関係者」や「自民党反麻生派」とも言われている。
只、首相に『解散先送りがマイナス』という認識はないのだろう。
でも今後何があるか分からないのが永田町である。
 ♪麻生版・あの日にかえりたい♪:泣きながら ちぎった詔書を 手のひらに つなげてみるの
 根拠なき あの日の自信 わけもなく 憎らしいのよ あのときの 高支持率を 人はみな
 忘れてしまう あの頃の私に戻って「解散」と言いたい~
 ♪麻生版・時の過ぎゆくままに♪:あなたはすっかり 疲れてしまい 解散さえも イヤだと泣いた
 壊れたマイクで いつもの演説 繰り返しては ため息ついた 時の過ぎ行くままに この身をまかせ
 紫の袱紗(ふくさ)が 漂いながら もしも袱紗が 出てくるならば 議場の景色も 変わっていくだろう
 
裸の王様、麻生首相が首相官邸で、一人寂しくこの替え歌を歌っているのが目に浮かぶぜ。哀れなり!
広告
カテゴリー: ニュースと政治 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中