ある教訓

本日、所要で鶴見まで出かけました。
その帰り横浜西口で昔お世話になった方に連絡を取り、約30年ぶりに再会しました。
只、西口から携帯で連絡した時、周りが騒がしく聞き取り辛かったため、簡単に済ませた結果、待ち合わせ場所が正確に伝わったかどうかが心配でした。
案の定、何時まで経つても来ません。

携帯は持ち歩いてないとのことで、家に電話してみようと思っていたところ、姿が見えて一安心。
娘さんにも「交番の前で待ち合わせなんて、場所が分からなかったらどうするの?それに30年ぶりで、お互いが分かるの?」と言われたとか。
そうなんです。交番なんて、星の数ほどあるのですからね。

まぁ、以心伝心、以前飲みに行くときはここでよく待ち合わせしたので、真っ直ぐにここに来たとのことでした。
言葉が少なくても伝わる「以心伝心」とはこのことですね。

その後、二人でやや早い昼飯を食べながら思い出話や現在お孫さんが何人もいて色々大変という話、年金の話などを語りあい、あっという間の数時間でした。
一時癌を患い現在後期高齢者ですが、本当に元気そうで安心しました。

鎌倉に戻り、鎌倉市役所での所用を済ませて帰宅したのは15時過ぎ。

今日の教訓:すれ違いを防ぐため、待ち合わせは場所、時間などは良く打ち合わせすること

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中